採用代行が流行るその理由

採用代行で変わる企業の人事

Page: 新卒採用とゆとり教育

皆さんは、ゆとり教育と言う言葉を御存じでしょうか。

近年のゆとり教育化が問題になっています。

なぜ、この様な問題が始まったのでしょうか。

ゆとり教育とは、1980年/1992年/2002年に施行された学習指導の事です。

詰め込み教育からゆとり教育へと移行し、授業数の短縮、学習内容の削減等が始まりました。

この詰め込み教育の影響は、勉強しすぎた子供のストレスでいじめ問題がとても多く発生しました。

この時期は、子供の受験戦争がとてもおおくあり、社会問題にも発展したくらいです。

この時期のドラマにも個dpもの受験やいじめをテーマにしたものが多くみられました。

こうしたことから、ゆとり教育が時始まったのですが、このころゆとり教育を受けていた子供たちが今、社会に出てきています。

これがどのように影響しているのでしょうか。

会社での調査で分かったゆとり教育世代の実態とい事が分かりました。

まず、ミスをしても謝らないと言う事。

「すいません」となかなか言えないなどの基本的な事が出来ていないと言う事があがっています。

本来なら「申し訳ありませんでした」と言わなければいけないのに、目も見ずに小さな声で仕方なさそうにあやまっている人が多いそうです。

もう一つは、上司とのコミュニケーションをとろうとしない事です。

なかなか、誘っても飲みに行かなかったり、なないかに理由をつけて断るそうです。

最近の若者は、お酒をあまり飲まないらしく、上司とのお酒もキッパリ断るそうです。

むかしなら、断れない雰囲気でしたよね。

時代は、変わったのでしょう。

そして、敬語を使えない人が多いと言う事です。

上司に気軽にタメ口を使ったり、変な日本語を使うそうです。

「~っす。」という言葉を使う人が最近多いのですが、あれは、敬語ではありません。

取引先にも損な言葉使いをするのでびっくりするそうです。

跡は、自ら仕事を探そうとしない事です。

仕事を与えられるのを待っているだけの新卒採用者が多い様です。

自ら仕事を探すのが普通ですが今の新卒採用の若者は特に多いそうです。

与えられた仕事しかしないので、その仕事ができたら暇そうにしているのをみて唖然としたそうです。

こうみれば、団塊の世代の大人たちは、「世も末だ」と、思うでしょう。

最近の若者は・・・と、言われても当然かもしれません。

しかし、最近の若者はこの様な人達ばかりではない事も分かっていて欲しいですね。

これからの日本を支えようと頑張っている人もいる事も知っておいてください。

Comments are closed.