採用代行が流行るその理由

採用代行で変わる企業の人事

Page: 看護師の募集、そして圧迫面接

看護師の募集を見て応募した先の病院の圧迫面接についてお話したいと思います。

圧迫面接をされたことがある方は、昔と比べ減ってきたように思います。

「御社を志望したのは○○のため~・・・。」

「え?それはおかしくない?それだったらうちじゃなくていいでしょ。」

「ですが、○○は~・・・。」

「君の言っていることはつまらないね。」

こういったことが圧迫面接では繰り広げられます。

「向いてないね。」

「君をとるメリットは?」

「結婚したら辞めるんでしょ。」

そういう言葉を圧迫面接では投げかけられます。

命を預かる病院としては看護師の募集を見て来た学生にはこれくらいが調度いいのかもしれまん。

決して面接官の方が常にそういった風ではないのですが、圧迫面接のイメージのまま、「この病院に入ってもこわいな・・・」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、この圧迫面接を堂々と乗り越えてこそ、楽しい看護師生活が待っているのです。

「うちの病院とは合わないね。」

と言われた場合、逆に

「さようですか。もしよろしければ、どのような点でそう思われたか、率直にお聞かせ願えませんでしょうか。」

等上手く切り返せばいいのです。

逆に、優しくなんでも聞いてくれる面接程、厳しくチェックされていて落とされた・・・という経験があります。

すごく自分に興味をもってくれていそうでも、面接官の方は意外なところを見ているかもしれません。

圧迫面接だから・・・とこわがらずに、自分らしさで頑張ってみてください。

せっかく、行きたい病院の看護師の募集を見てきたんだから。

“笑顔”を忘れずに!!!

Comments are closed.