採用代行が流行るその理由

採用代行で変わる企業の人事

Page: 学歴フィルターという落とし穴

新卒採用を目指す就職活動を頑張っている人なら必ずエントリーシートと言うものを書きます。

いわゆる、履歴書見たいな物でしょう。

学歴、経歴、など自分の事を書き企業に紙のうえでアピールするものです。

しかし、企業が選考基準として定めた学歴フィルターと言うものがあり、ある一定の学歴以外の人は、エントリーシートのタイミングで落とされると言うシステムです。

差別だと思う人もいるかもしれません。

学歴で判断してしまうので大学に入った時点で州克の道も決まってしまう可能性もあるという事なのです。

大学で頑張った事は、一切評価されません。

このシステムは、公にされていませんが、公表している企業もあるそうです。

このシステムは、賛否両論あります。

しかし、企業側の意見としては、大企業になると沢山のエントリーシートの中から優秀な人材を選ぶのは困難なので、ある一定のレベルで整理しないといけないのが現状だと言う事が分かりました。

有能な人材が欲しい企業と、大学時代に頑張った事を評価されない事への不満が高まる応募者の溝は埋まりません。

しかし、お互いに理由がありどこかで譲らなければならない事は事実ですね。

この様に、もっと企業側が行っているシステムはあるかもしれません。

しかし、それにも負けないくらいの意欲で働きたい企業で働けるように頑張って欲しいとおもいます。

Comments are closed.