採用代行が流行るその理由

採用代行で変わる企業の人事

Page: 次世代の新卒採用

現在の新卒採用では、「自由応募」が主流となっている。

インターネットやメディアを通じて募集を行い、興味を持った学生が応募しに来ると言うシステムです。そのため意欲がある人間やその仕事に向いている人達が当然集まります。

しかし、逆を返せばおなじ様な人達が集まってしまうのが現状です。

しかし、最近では同じ様な人材で固めるより一定の多様性を持たせた方が強く環境の変化にも対応しやすくなると言われています。

このことから、新卒採用の母集団形成段階から、自由応募で自社に応募してくる以外からにも間を向けているようです。

大企業の楽天でもこの取り組みが進められています。

大企業なので沢山のエントリーがあるそうです。しかし、大学にわざわざ出向き有能な学生をハンティングしているそうです。

こうなって来ると学生のうちの評価も必要になってくるのですね。

大企業にハンティングされたらうれしいですね。

そして新卒採用の早期化がスピードを上げています。

早期に有能な人材を確保したいという企業の目的でしょう。

しかし、逆に新卒採用の時期を遅らせて成功した会社もいるようです。

これは、一旦就職した若者を対象にしたものであって、春採用の就職戦争に何らかの壁に部対当たって成長した人材を対象にしたものだった。

現在、大手企業もその夏以降の採用の取り組みを検討していると言います。

 

Comments are closed.