採用代行が流行るその理由

採用代行で変わる企業の人事

Page: 新卒の選考方法

皆さんは、新卒採用の選考方法と考えると何を思いつきますか?

エントリーシートや学歴フィルターなどもありますが、一番大事なのは面接です。

しかし、数回にわたり入念な面接をしたにもかかわらず、数年以内に転職してしまうケースもあります。

ここれで、新たな取り組みが始まりました。それはインターンシップと言うものです。

(ワークスアプリケーション)のインターシップを利用した選考方法。

約1か月のあいだ、学生が有給で問題解決型の課題に取り組みます。

自分が何処まで出来るのかという事がわかるので、学校の優秀者の多くが参加しています。

このインターンシップで優秀な成績を収めた学生は5年間いつでも入社可能なパスが手渡されています。

入社する学生もいますが、他の企業を経て入社する学生もいます。

こんな、インターンシップを受けて合格して5年も入社期間が設けられているなんてすごくいいですよね。

すぐに入社しなくても5年間は、自分の能力をためせるので他で色々な事をまなんで就職するのもいいし、海外に行って経験をつんで返ってくるのもありですね。

 

Comments are closed.